武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2017年10月24日(火)

衆議院選挙を終えて

10月22日衆議院選挙が施行され、翌未明までに大勢が判明しました。

私たちが応援した土屋正忠候補は、大変残念な結果となりました。

選挙戦が始まると、すぐに各報道が序盤情勢を発表しました。

土屋候補の東京第18選挙区では、立憲民主党の元総理に対してやや優勢であるという内容でした。

特段自民党によい風が吹いているわけでもなかったため、私たちは、報道を鵜呑みにすることなく、気を引き締めて選挙戦を戦うことを確認しました。

選挙車にて街を遊説すると、確かに熱い手応えがありました。

終盤戦、各報道の終盤情勢では、やはり、土屋候補がやや優勢との報道でした。

「この報道をどう評価したらよいのか・・・?」私たちは戸惑いました。

そして投・開票日、私は、本部選挙事務所である府中事務所で開票結果を待ちました。

開票特番は、NHKを見ていました。

東京第18選挙区の出口調査では、土屋候補がやや負けているというグラフが映し出され、会場の空気は冷たいものとなりました。

しかし、府中市、小金井市の選挙管理委員会から次々に届く、開票結果では、土屋候補が善戦していました。

民放の開票結果では、開票率97%で土屋候補が約900票リードしていました。

この時点で、武蔵野市の開票は90%終わっており、土屋候補と元総理は同点でした。

残票10%なら、900票差を守り切れるだろうと、事務所に集まった支援者の方々が、安堵していたそのとき、民放が開票率99%で、相手候補に当確を打ちました。

事務所の皆さんから悲鳴が上がると同時に、落胆の声があちらこちらから聞こえてきました。

しばらくすると、土屋候補者が事務所に到着し、集まっていただいた支援者にお礼と敗戦の弁を述べられました。

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という言葉が印象的でした。

今から思うと、各報道の情勢分析はいったい何だったのかと考えてしまいます。

選挙当日は、超大型の台風21号の影響で都内は大荒れの状況でした。

「新聞などで土屋さんは優勢と書かれていたので、大雨の中選挙に行かなくても大丈夫だろう」と考えた人もいたのではないでしょうか。

選挙で一番怖いのは「安心感」だと、自身の経験からも実感しています。

今回の結果について今後、様々総括しなければなりません。

今年行われた、都議選、市長選、衆議院選は、私たちの三連敗でした。

それぞれの選挙において、責任ある役職で応援させていただいた立場として、支援者の皆様には、心よりお詫びいたします。

もう一度位置から仕切り直して出直す覚悟です。

多くの皆様には、心からお疲れ様でしたと申しあげます。

Posted by omino at 12時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年10月03日(火)

市長選を終えて・・・

市長選挙が終わりました。

残念ながら、私たちの応援した高野恒一郎候補は当初の目的を達成できませんでした。

しかし、今回の選挙を通じて、本当に多くの若い人が選挙に携わっていただけたことに感謝しています。

同時に武蔵野市の未来を支える若人たちに、限りない可能性を感じました。

今回選挙を手伝ってくれた若者は、ほぼ高野候補の友人です。

そして友人として、昼夜を問わず、献身的な手伝いをしてくれました。

トータルでは、100人を超す若者が高野候補を支えたと思います。

武蔵野の政治としては、新しい時代の幕開けであり、高野さんには、この素晴らしい仲間とともに、捲土重来を期していただきたいと思います。

さて、私は、選挙期間中、毎日車に乗り、高野候補への支持を訴えました。

日に日に支援の輪が広がっていくのを実感しましたが、やはり、1ヶ月という短い期間で、高野候補を全市的に浸透させるのは難しかったようです。

新市長には、議会の場から、是々非々で臨みたいと思います。

それにしても、舌鋒鋭い高野恒一郎くんが議会にいないのは、あまりにもさみしいものです。

市議会補選で受かった、東さんには、高野さんの分まで、しっかり頑張ってほしいものです。

Posted by omino at 10時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年09月14日(木)

武蔵野市のリーダーは誰に?

武蔵野市では、今年10月に市長の任期を迎えます。

現職が再出馬濃厚と噂されていましたが、8月中旬、突然市長が次の選挙には出ないという記者会見を行いました。

我々は、市長が出る出ないにかかわらず、候補者選定を行っていましたが、いざ、現職不出馬の報には、正直驚きました。

約4ヶ月前から、私たちは様々な選択肢を考慮しつつ最適な候補予定者を探して来ました。

あらゆる可能性を排除せず、市議会議員や、関係者を中心にできる限りの折衝を重ねてきました。

その結果、私たちの仲間から、若手の市議会議員が手を上げていただき、みんなで応援することとなりました。

決定が、8月下旬になってしまったため、短時間での活動になりましたが。

しかし、わずか1週間で武蔵野公会堂をいっぱいにする集会を開催するなど、候補予定者のバイタリティーと、それを支える若手の仲間たちの団結力に、新しい風を感じています。

最終的には、何人出馬するのかはわかりませんが、今のところ名乗りを上げているのが二人であり、このままいけば一騎打ちになりそうです。

今回の市長選挙の大きな枠組みを見てみると、我々保守グループの代表が、今後の武蔵野市の舵取りをしていくのか・・・

それとも共産党をはじめとする革新グループの代表が、引き続き市政を担っていくのか・・・という選挙になります。

告示日は、今月24日、投開票は10月1日です。

皆様の確かな目でご判断いただけることを祈っています。



Posted by omino at 22時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月03日(月)

都議選が終わりました

九日間の都議選が終わりました。

終わったと同時に、都議会の骨格および勢力図が全くといっていいほど変わりました。

都議選の結果はご案内のように、自民党の大惨敗、都民ファーストの大躍進、ということになりました。

私たちが応援した、自民党の島崎候補も涙をのみました。

今回の都議選の特徴は、都民ファースト=小池都知事への期待感に加え、自民党国会議員の失言、暴言、などで自民党支持率が選挙期間中も落ち続けるといった状況でした。

これはすべて、都民の皆さんが下した民意ですので、結果については尊重したいと思います。

そして、当落にかかわらず、全力で戦ってこられたすべての候補者に、お疲れ様でしたと申しあげたいと思います。

2009年の都議選も、政権交代の大号令が鳴り響く中で行われた選挙でした。

私は当時落選中であり、4年間の浪人中、全市に後援会組織を立ち上げ、自分としては、これ以上ないというほどの布陣で臨んだ選挙でしたが、力及ばずでした。

一人区の選挙は、自分の努力はもちろんですが、風の影響も受けやすい選挙だといわれています。

ここ数年の、都議選一人区の状況を見ると、大きな風に乗った政党が、ほぼ議席を総取りしています。

大きな風にも対抗できるようにしていくには、日々の活動をしっかり行っていくこと以外に道はないと思います。

都民ファーストの大躍進を受けて、テレビなどのメディアは、都民ファーストに対して、少しずつ論調が厳しくなってきているように思います。

たとえば、小池知事が、今日をもって都民ファーストの代表を辞任しました。

このことについて、今までだったら、「さすが選挙上手ですね」といったコメントもあったように思いますが、今日は、「有権者に対する詐欺まがいの行為」とまでいっているコメンテーターもいました。

また、都民ファーストの幹事長に対しても、今まで以上に厳しい質問とコメントがあり、「強きをくじき弱きを助ける」とでもいうのでしょうか、マスコミの公平性は守られているなと実感しました。

とにかく、都議選が終わり、武蔵野市でただ一人の都議会議員が都民ファーストという、市政初めての地域政党議員になります。

果たして、都民ファーストとは、いったいどのような政党なのか???

議会としても、どのように関係を構築していくのか、今後の動向が大切になって参ります。


Posted by omino at 15時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月20日(火)

都議選前夜、豊洲移転に動きあり

今月23日に、東京都議会議員選挙が施行されます。

武蔵野選挙区では、今のところ、自民党、民進党、都民ファーストの各候補予定者が、街頭活動など行っています。

今回の都議選の争点の一つが、豊洲市場の移転問題で市したが、今日、小池都知事から一定の方向性が示されました。

「築地は守り、豊洲は生かす」という方針ですが、説明を聞いていても、あまりよくわかりません。

都知事の話を要約すると、「築地市場は、いったん豊洲に移転し、築地を再整備して、再び築地に戻す。築地の次は築地だ。」ということです。

築地に戻ってしまったら、豊洲の市場としての機能は、どうなってしまうのでしょうか。

築地は食のテーマパーク??? 豊洲は、物流拠点???などなど、キーワードは出てきていますが、何がしたいのか、いまいちはっきりしません。

まさか、近接地に中央卸売市場を、二つ設置しようとしているのでしょうか。

市場関係者の方は、果たしてこの方針に納得しているのでしょうか。

私の理解力が不足しているのかもしれませんが、是非、もっと具体的な説明を聞きたいと思います。

都議選の争点が、曖昧にならないよう望んでいます。

Posted by omino at 16時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.