武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2017年07月03日(月)

都議選が終わりました

九日間の都議選が終わりました。

終わったと同時に、都議会の骨格および勢力図が全くといっていいほど変わりました。

都議選の結果はご案内のように、自民党の大惨敗、都民ファーストの大躍進、ということになりました。

私たちが応援した、自民党の島崎候補も涙をのみました。

今回の都議選の特徴は、都民ファースト=小池都知事への期待感に加え、自民党国会議員の失言、暴言、などで自民党支持率が選挙期間中も落ち続けるといった状況でした。

これはすべて、都民の皆さんが下した民意ですので、結果については尊重したいと思います。

そして、当落にかかわらず、全力で戦ってこられたすべての候補者に、お疲れ様でしたと申しあげたいと思います。

2009年の都議選も、政権交代の大号令が鳴り響く中で行われた選挙でした。

私は当時落選中であり、4年間の浪人中、全市に後援会組織を立ち上げ、自分としては、これ以上ないというほどの布陣で臨んだ選挙でしたが、力及ばずでした。

一人区の選挙は、自分の努力はもちろんですが、風の影響も受けやすい選挙だといわれています。

ここ数年の、都議選一人区の状況を見ると、大きな風に乗った政党が、ほぼ議席を総取りしています。

大きな風にも対抗できるようにしていくには、日々の活動をしっかり行っていくこと以外に道はないと思います。

都民ファーストの大躍進を受けて、テレビなどのメディアは、都民ファーストに対して、少しずつ論調が厳しくなってきているように思います。

たとえば、小池知事が、今日をもって都民ファーストの代表を辞任しました。

このことについて、今までだったら、「さすが選挙上手ですね」といったコメントもあったように思いますが、今日は、「有権者に対する詐欺まがいの行為」とまでいっているコメンテーターもいました。

また、都民ファーストの幹事長に対しても、今まで以上に厳しい質問とコメントがあり、「強きをくじき弱きを助ける」とでもいうのでしょうか、マスコミの公平性は守られているなと実感しました。

とにかく、都議選が終わり、武蔵野市でただ一人の都議会議員が都民ファーストという、市政初めての地域政党議員になります。

果たして、都民ファーストとは、いったいどのような政党なのか???

議会としても、どのように関係を構築していくのか、今後の動向が大切になって参ります。


Posted by omino at 15時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月20日(火)

都議選前夜、豊洲移転に動きあり

今月23日に、東京都議会議員選挙が施行されます。

武蔵野選挙区では、今のところ、自民党、民進党、都民ファーストの各候補予定者が、街頭活動など行っています。

今回の都議選の争点の一つが、豊洲市場の移転問題で市したが、今日、小池都知事から一定の方向性が示されました。

「築地は守り、豊洲は生かす」という方針ですが、説明を聞いていても、あまりよくわかりません。

都知事の話を要約すると、「築地市場は、いったん豊洲に移転し、築地を再整備して、再び築地に戻す。築地の次は築地だ。」ということです。

築地に戻ってしまったら、豊洲の市場としての機能は、どうなってしまうのでしょうか。

築地は食のテーマパーク??? 豊洲は、物流拠点???などなど、キーワードは出てきていますが、何がしたいのか、いまいちはっきりしません。

まさか、近接地に中央卸売市場を、二つ設置しようとしているのでしょうか。

市場関係者の方は、果たしてこの方針に納得しているのでしょうか。

私の理解力が不足しているのかもしれませんが、是非、もっと具体的な説明を聞きたいと思います。

都議選の争点が、曖昧にならないよう望んでいます。

Posted by omino at 16時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月01日(木)

母校の小学校で朝礼に参加

私が卒業した、武蔵野市立本宿小学校は、今日で創立65年を迎えます。

昨年から、卒業生が6月1日の開校記念日に開催される記念集会に参加して小学校の歴史などについて話をすることになり、今年は、私がお招きいただきました。

私とご一緒していただいたのは、第一回卒業生の今井先輩です。

ちなみに、私は、第21回生です。

今井先輩たちは、昭和27年、第三小学校から編入してきました。

当時は、校庭となる場所が麦畑で、生徒も一緒に畑を整地し、校庭を作ったということです。

また、今では、校庭に見事な桜の木が植えられていますが、その木も、一回生の皆さんが植えられたということでした。

今から15年前、本宿小学校創立50周年の年に、一回生を中心とした、同窓会が立ち上がりました。

一回生の皆さんが、ちょうど還暦を迎えた年であり、よい節目にできた同窓会でした。

あれから15年・・。歴代会長は二人も天国へ旅立たれ、時のたつのが本当に早いことを感じます。

かつては、同窓会主催で、桜祭りを盛大に開催していたこともありましたが、現在では、ほとんど活動休止状態になっています。

今日改めて、在校生の前で話をさせていただき、やはり、この子たちのためにも、同窓会はしっかり守って行くべきだと痛感しました。

5年後には、創立70周年を迎えます。

記念式典では、同窓会の役割も相当あるので、これから同窓会を、再び盛り上げていきたいと思います。


Posted by omino at 10時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年05月07日(日)

ゴールデンウィークはイベントでいっぱい

画像(320x240)

今年のゴールデンウィークは、いつもに比べてイベントへの参加が多い年になりました。

まず、1日は、先に報告した、井の頭公園100周年のイベントに参加しました。小池都知事が主催者となり、盛大に開催されました。

5日は、井の頭動物園のアイドルだった、「象のはな子」の像の除幕式がありました。

この像は、多くの方からの募金によって作られました。

当初、あまり募金が集まらず、行政も困っていたようでしたが、議会からもエールを送り、なんと、最終的には、1800万円以上もの募金が集まりました。

皆さんの、はな子に対する思いが、いかに強かったのかが想像されます。

はな子の像は、吉祥寺駅北口駅前ロータリーに設置されました。

吉祥寺の新しいシンボルとして、また、新しい待ち合わせ場所として、話題を呼ぶこと間違いなしです。

6日は、リオデジャネイロ オリンピック・パラリンピックの閉会式の際に、小池都知事が受け取ったフラッグが、武蔵野市に来たことによる、記念式典に参加しました。

このフラッグは、全国を回っており、武蔵野市には、12日まで吉祥寺駅花火の広場に展示されています。

式典には、元バレーボール日本代表の大林素子さんが、特別ゲストで参加していただき、オリンピックの裏話などを聞かせていただきました。

たとえば、選手村の食堂は、24時間空いていて、選手は、いつでも、いつまででもいられるということですが、体重別の競技の選手などは、体重管理のため自炊していた・・・。など、興味深い話が聞けました。

今年は、武蔵野市市制施行70周年、井の頭公園開園100周年、像のはな子生誕70年、と記念すべき年が重なっています。

今年はまだまだ、多くのイベントが予定されています。

Posted by omino at 18時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年05月01日(月)

おめでとう 井の頭公園100年

画像(320x240)

いよいよ今日から5月。

今年も三分の一が終わってしまいました。

光陰矢のごとしといいますが、私は、22年前の平成7年5月1日から、新人議員としての任期が始まりました。

思い返せば、ついこの間のようにも感じます。日に日に1年が短くなっているような気がします。

さて、様々な歴史を経て、今日、井の頭恩賜公園は、開園100年を迎え、公園競技場で記念式典が執り行われました。

式典には、小池都知事、都議会議長、武蔵野市、三鷹市の両市長を始め、関係者が一堂に会し、盛大に開催されました。

私も、地元市議会の副議長として参列し、ともにお祝いをさせていただきました。

井の頭公園は、青春の思い出がいっぱい詰まった場所であるだけでなく、今でも、様々な場面で訪れる場所です。

かつて、吉祥寺ライオンズクラブの皆さんと、池に地引き網を仕掛け外来魚を駆除したこともありました。

また、平成25年、27年の「かい掘り」により、多くの外来生物が駆除され、「イノカシラフラスコモ」など、60年ぶりに復活した水中植物が見られるなど、井の頭池は、確実によみがえっています。

先日、七井橋から池を除くと、池の水は透き通り、底まで見える状態でした。

武蔵野市を始め、各自治体で取り組んでいる、雨水を地下に浸透させる事業が功を奏し、湧水も復活し始めていると考えられます。

10年前、井の頭100周年事業が始められたとき、「100周年に向けて、湧水を復活させよう」とみんなで頑張った成果です。

当時は、夢のような話でしたが、いざ、透き通った池を目の前に見ると、当時を思い出し感動でいっぱいです。

これから、次の100年に向けて井の頭池は、もっときれいに、そして元気に復活することと思います。

自分も頑張れる限り、お手伝いをしていきたいと思います。

Posted by omino at 16時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.