武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2017年04月11日(火)

新年度始まる

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

新年度が始まりました。

昨年度は、初めて予算に反対するなど、厳しい態度で議会に臨みましたが、今年度も、市民の負託に応えられるよう、議会人としてしっかり頑張りたいと思います。

各小・中学校の入学式も終わり、これからは、総会シーズンに入ります。

コミセンをはじめとした各種団体の総会が、4月から5月にかけて多く開催されます。

1月から2月にかけての新年会の次に多いのが、総会への参加です。

私は、ある団体の監事を仰せつかっていますので、今日は、総会に向けての、会計監査を行いました。

一年の総決算なので、しっかりと監査させていただきました。

さて、先月28日に開花宣言された「桜」ですが、その後気温があまり上がらず、今日時点でまだ見頃です。

議会の控え室から、4月1日にオープンした、武蔵野クリーンセンターが見えます。

今、桜の花とともに、とても美しいファサードとなっています。

クリーンセンターは、だれでも自由に見学することができます。

2階の階段を上がると、回廊式の見学コースになっており、各所に説明板もありますので、是非一度お立ち寄りいただければと思います。

館内では、ロボットの「ペッパーくん」も2体設置されており、来館者の相手をしてくれます。

市役所前の桜も、ちょうど散り始めており、あと2〜3日は持つのではないかと思います。

今朝、桜のライトアップも準備していましたので、夜桜もいいかもしれません。



Posted by omino at 18時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月25日(土)

平成29年度予算、会派として反対

一年に四回ある市議会定例会の中でも、3月議会は、行政も議会も一番緊張する議会です。

なぜならば、3月議会は、4月から始まる新年度予算について審査する議会だからです。

簡単に言うと・・・、行政は、新年度予算を組むために、6月頃からその準備にかかります。

そして約7〜8ヶ月かけて、新年度予算を組み、3月の定例本会議に上程します。

議会は、その予算案を審査し議決をしますが、仮に、予算が議会で否決されると、行政は、議会で何が問題かということを加味しながら、修正した予算を出し直すか、場合によっては、もう一度、同じ予算を出してくるか、ということになります。

再度、出し直した予算案が、再び議会で否決されると、一般的には、議会が市長に対して不信任をしたと見なされ、議会から、市長不信任決議などが出されます。

場合によっては、議会の解散か、市長の辞職などということになります。

これらは、あくまで一般論ですが、平成29年度予算案に対して、私たちの会派は、反対を表明しました。

予算委員会は、12人で構成されており、委員長を除く11名で議決を行います。

反対したのは、私たちの会派2人のみでしたので、委員会での予算案は可決されました。

では、なぜ、私たちは、予算に反対したのか・・・。

先週、TBS系列の「噂の東京マガジン」でも取り上げらましたが、武蔵境駅北口の市有地が、市民参加の欠如、および情報公開の欠如などで、大変な騒ぎななっています。

簡単に言うと、市の土地を、民間業者に30年間貸し付け、そこに建てられた建物に、賃借人として行政が入るというものです。

屋上には、地元からも迷惑だ、という声が大きい「バーベキューガーデン」が設置され、テレビでも、大々的に取り上げられていました。

私個人としても、条例を修正したり、反対したりはしたこともありましたが、予算だけは、さすがにいままで賛成をしてきました。

しかし、今回は、予算の質疑を通して、市長の答弁を始め、全く納得いくものではありませんでした。

今回問題となった手法を、市長は、これからも進めていきたいという旨の答弁をしていました。

今回賛成してしまうと、「あのとき議会で認めたではないか」という、行政のいいわけに使われます。

最終的には、28日の市議会本会議で決まりますが、議長を除く25人の議員中、私たちの会派は、7人ですので、予算案は賛成多数で通るでしょう。

しかし、この問題は、まだまだ続くと思われます。

将来に禍根を残すことがないよう、一人一人の議員が、もう一度、この問題と真剣に向き合ってほしいと思います。

なお、26日の新聞折り込みに、私の市議会レポートを入れました。今回の問題も、触れていますので、是非ご覧ください。

追伸・・・。すべての新聞には入っていませんので、あらかじめご了承のほど、お願いいたします。

Posted by omino at 18時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月12日(日)

音楽がいっぱい 武蔵野市

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

他の自治体の事情はよくわかりませんが、武蔵野市は、小中学校の音楽活動がとても盛んです。

各学校には、合唱部や吹奏楽部があり、それぞれ一生懸命練習しています。

毎年、受験が終わった頃、中学校では、合唱コンクールが行われ、自慢の歌声を全校生徒に向けて披露します。

また、同時期に、小学校の吹奏楽部による、ジョイントコンサート、小・中学校の合唱部によるコーラスジョイントコンサートが、盛大に行われます。

私は今年、母校の第三中学校の合唱コンクールと、小学校吹奏楽部のジョイントコンサート、小・中学校のコーラスジョイントコンサートに行ってきました。

いつもなら、どのコンサートも武蔵野市民文化会館で行われますが、今年は、大規模な改修工事が行われているため、近隣自治体のホールを借りて行いました。

今年は、コーラスジョイントコンサートに、市立学校だけでなく、私立聖徳学園の中・高生も参加してくれて、コンサートを盛り上げていただきました。

コーラスジョイントコンサートでは、最後に、出演者全員が舞台に上がり合唱します。(写真)

今年は、5校プラス市内の合唱団、合計203名の大合唱が行われました。

どこの学校のコーラスも、本当に聴き応えがある、素晴らしいものでした。

いったいどのくらい練習しているのか、ある小学校の生徒に聞いて見たところ、なんと「週5日、夏休みも冬休みも練習している」ということでした。

なるほど、素晴らしいコーラスは、膨大な練習によって作られているのだと感心しました。

これからも、市内の音楽環境を、もっとよくしていけるよう、議会からも応援したいと思います。

Posted by omino at 16時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月11日(土)

3.11から6年

6年前の今日、東日本大震災が東北地方を中心に大きな被害をもたらしました。

その瞬間、私は、娘と二人で自宅にいましたが、初めて体感する地震の大きさに、ただおろおろするだけでした。

その後、徐々に被害の状況がテレビなどで放映され、未曾有の事態であることを理解しました。

特に、福島県では、原発が津波にやられ、水素爆発を起こしたことで、被害は想像もできないほど大きなものとなりました。

いまだ、多くの方が、自宅に帰れず、避難生活を送っています。

一日も早く、被災された方々に、かつての日常が訪れることを、願ってやみません。

3.11以後、武蔵野市の市民アンケートでは、毎年、防災対策が1位にランクされます。

一般的には、大きな災害があったとしても、年を重ねるうちに関心度が下がってくる傾向にあります。

しかし首都圏にもいつ大地震が襲ってくるかわからない、という不安感が大きく、常に防災意識が高いのかもしれません。。

私は、地元の消防団にも入っています。

いざ大災害の時には、消防団は、市役所本部に設置される、災害対策本部の指揮下に入るので、地域の消防作業などに従事できない可能性があります。

地域住民による、初期消火訓練なども、定期的に行うことを、今後考えていかねばと思います。

改めて、東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

Posted by omino at 20時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年02月28日(火)

一般質問に思う

気が付くと2月が今日で終わり、明日から3月です。

今年も6分の1が終わってしまいました。早いですねえ。

現在、議会開会中であり、今日は一般質問でした。

一般質問は質問時間と質問回数が決められています。

議員は、本会議場の発言席で、市長・教育長に本質問を行い、自席に戻って質問に対する答弁を聞きます。

一般質問は、事前通告制をとっており、質問の要旨などをあらかじめ執行部に伝えておきます。

執行部(主に課長)は、通告に従って答弁を作成し、議会当日、市長や教育長が、その答弁原稿をもとに答弁を行います。

議員は、自席で、答弁に対する再質問を4回までできることになっています。

質問時間は、本質問、再質問合わせて30分、答弁の時間は含みません。

最近、本質問と再質問の時間配分がすこし乱れてきているように感じています。

議員の一般質問は、議会の中でも重要な質問であり、議会の冒頭に行われます。

私が新人の頃は、登壇しての本質問がとても大切でした。

先輩議員をはじめ私も、本質問に20分程度、再質問は10分程度の時間配分でした。

しかし、最近の議員は、新人ベテラン含めて、本質問の時間が10分程度、再質問が20分程度というのが目立っています。

これは、あまりいい傾向ではありません。

執行部も、相当丁寧な答弁をしているので、はじめから、再質問ありきという議員の姿勢は、執行部に対しても失礼だと思っています。

こういうことが続くと、議会全体の緊張感が低下することも考えられ、議長ともども心配しています。

これは、議会の申し合わせ事項でも確認されていることなので、様子を見て、改善が見られない場合は、議会運営委員会で取り上げることになるかもしれません。



Posted by omino at 19時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.