武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2018年02月02日(金)

貴乃花の理事選挙

大相撲界では、横綱の傷害事件などで、その人気に待ったをかける空気があります。

そんな時期に行われた、相撲協会の理事選挙が、ワイドショーを賑わせました。

10人が定員の理事定数に当初10人が立候補予定でした。

それを見た貴乃花親方が、無投票当選は問題があると、立候補届けを出した事による選挙でした。

「自分は自分の1票だけででいいから選挙に出る」という、衝撃的な立候補宣言に、各メディアは様々な予想を交えて報道を繰り返しました。

結果は・・・。

貴乃花親方2票。

理事選挙には敗れましたが、過去、これだけ相撲協会の理事選挙が注目を集めたことはありません。

そして、判官贔屓の国民性を反映してか、各報道は、ほとんど貴乃花寄りになったように思います。

選挙に負けて勝負に勝った・・・。

今回の貴乃花出馬は、国民世論を味方につけて、今後の相撲界に大改革を起こそうとする、親方自身の第一歩だったのかもしれません。

かつて、自民党内で変人と言われた小泉さんが、国会内世論では劣勢でしたが、全国党員の後押しで、自民党総裁、総理大臣へと上り詰めた事がありました。

相撲という、国民的な行事に、どれだけ世論を集めることができるのか、かつての小泉劇場的においがしてくるように感じています。

Posted by omino at 22時13分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.omino-yasuhiro.com/blog/tb.php?ID=961

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.