武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2017年10月24日(火)

衆議院選挙を終えて

10月22日衆議院選挙が施行され、翌未明までに大勢が判明しました。

私たちが応援した土屋正忠候補は、大変残念な結果となりました。

選挙戦が始まると、すぐに各報道が序盤情勢を発表しました。

土屋候補の東京第18選挙区では、立憲民主党の元総理に対してやや優勢であるという内容でした。

特段自民党によい風が吹いているわけでもなかったため、私たちは、報道を鵜呑みにすることなく、気を引き締めて選挙戦を戦うことを確認しました。

選挙車にて街を遊説すると、確かに熱い手応えがありました。

終盤戦、各報道の終盤情勢では、やはり、土屋候補がやや優勢との報道でした。

「この報道をどう評価したらよいのか・・・?」私たちは戸惑いました。

そして投・開票日、私は、本部選挙事務所である府中事務所で開票結果を待ちました。

開票特番は、NHKを見ていました。

東京第18選挙区の出口調査では、土屋候補がやや負けているというグラフが映し出され、会場の空気は冷たいものとなりました。

しかし、府中市、小金井市の選挙管理委員会から次々に届く、開票結果では、土屋候補が善戦していました。

民放の開票結果では、開票率97%で土屋候補が約900票リードしていました。

この時点で、武蔵野市の開票は90%終わっており、土屋候補と元総理は同点でした。

残票10%なら、900票差を守り切れるだろうと、事務所に集まった支援者の方々が、安堵していたそのとき、民放が開票率99%で、相手候補に当確を打ちました。

事務所の皆さんから悲鳴が上がると同時に、落胆の声があちらこちらから聞こえてきました。

しばらくすると、土屋候補者が事務所に到着し、集まっていただいた支援者にお礼と敗戦の弁を述べられました。

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という言葉が印象的でした。

今から思うと、各報道の情勢分析はいったい何だったのかと考えてしまいます。

選挙当日は、超大型の台風21号の影響で都内は大荒れの状況でした。

「新聞などで土屋さんは優勢と書かれていたので、大雨の中選挙に行かなくても大丈夫だろう」と考えた人もいたのではないでしょうか。

選挙で一番怖いのは「安心感」だと、自身の経験からも実感しています。

今回の結果について今後、様々総括しなければなりません。

今年行われた、都議選、市長選、衆議院選は、私たちの三連敗でした。

それぞれの選挙において、責任ある役職で応援させていただいた立場として、支援者の皆様には、心よりお詫びいたします。

もう一度位置から仕切り直して出直す覚悟です。

多くの皆様には、心からお疲れ様でしたと申しあげます。

Posted by omino at 12時39分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.omino-yasuhiro.com/blog/tb.php?ID=956

ページのトップへ ページのトップへ

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.