武蔵野の政治職人、オミノ安弘 市民の代表として行政へあなたの想いを届けます

<< オミノ安弘のホームページはこちら

2017年03月11日(土)

3.11から6年

6年前の今日、東日本大震災が東北地方を中心に大きな被害をもたらしました。

その瞬間、私は、娘と二人で自宅にいましたが、初めて体感する地震の大きさに、ただおろおろするだけでした。

その後、徐々に被害の状況がテレビなどで放映され、未曾有の事態であることを理解しました。

特に、福島県では、原発が津波にやられ、水素爆発を起こしたことで、被害は想像もできないほど大きなものとなりました。

いまだ、多くの方が、自宅に帰れず、避難生活を送っています。

一日も早く、被災された方々に、かつての日常が訪れることを、願ってやみません。

3.11以後、武蔵野市の市民アンケートでは、毎年、防災対策が1位にランクされます。

一般的には、大きな災害があったとしても、年を重ねるうちに関心度が下がってくる傾向にあります。

しかし首都圏にもいつ大地震が襲ってくるかわからない、という不安感が大きく、常に防災意識が高いのかもしれません。。

私は、地元の消防団にも入っています。

いざ大災害の時には、消防団は、市役所本部に設置される、災害対策本部の指揮下に入るので、地域の消防作業などに従事できない可能性があります。

地域住民による、初期消火訓練なども、定期的に行うことを、今後考えていかねばと思います。

改めて、東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

Posted by omino at 20時44分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.omino-yasuhiro.com/blog/tb.php?ID=945

ページのトップへ ページのトップへ

3

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


Copyright (C) 2008 オミノ安弘 All rights reserved.